CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Good-bye days
Good-bye days (JUGEMレビュー »)
YUI for 雨音薫,YUI,Akihisa Matsuura,Hideyuki“Daichi”Suzuki
RECOMMEND
チーズスイートホーム (2)
チーズスイートホーム (2) (JUGEMレビュー »)
こなみ かなた
こんなこねことくらしたい!
RECOMMEND
flair(DVD付)
flair(DVD付) (JUGEMレビュー »)
the Indigo, 田岡美樹, 市川裕一
あ…写真ナイ。。
BGMに、ゆるりとした時間に…気持ちよさナンバーワン☆
これで6枚目のアルバムですがどれから聴いても間違いナシです!
<< 県庁の星 | main | ミニシクラメン、復活!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
about love 関於愛



「逢いたい、
 
 そして伝えたい」



お互いカタコトの言葉を介して、
日本人と中国人の間に出来ていく絆を描いていくこの映画。

東京・渋谷編「ニイハオ」

台北編 「謝々」

上海編 「再見」

3本の中篇で構成されています。



短編・中篇って、作り手の、フィルムを作るんだって言う意気込みみたいな、楽しんでる感がひしひしと伝わってきて好きです。
 

東京編はチェン・ボーリンのためのようなフィルムです!
彼のPVといっても過言ではないかも??

それくらい彼の持ち味である、
ちょっとぶっきらぼうでいかにも男の子っぽいんだけど、笑うとすんごくかわいいっていうキャラクターで成立してる話だと思います。

途中でカメラマンを目指す女の子(市川由衣)(←かわいいっ≧〜≦)が出てくるけど、
話の構成も、画面も、ちょっとおされーな写真集を「読んでる」ような感じ。

さわやかでかわいくって、みずみずしいきもちのいいフィルムです。




台北編はオトナなお話。
鉄ちゃん(加瀬亮)のへったくそな中国語のせいで全く成り立たない会話のシーンは大笑いしました!
こんな男友達いいな。
こういう話がし合える、友情関係すてき。



上海編がまたしてもかわいいお話でした。
塚本高史が初めてよく見えた。
でも話のつくりはちょっと粗いかもー。
鍵である手紙の文章の使い方がちょっと安易で気になってしまった。。




3篇とも、お互い言葉の通じない相手ながらカタコトでも何とか想いや考えを伝える姿が印象的でした。

| 邦画以外の映画 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 23:58 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://prairie-sa.jugem.jp/trackback/53
トラックバック