CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Good-bye days
Good-bye days (JUGEMレビュー »)
YUI for 雨音薫,YUI,Akihisa Matsuura,Hideyuki“Daichi”Suzuki
RECOMMEND
チーズスイートホーム (2)
チーズスイートホーム (2) (JUGEMレビュー »)
こなみ かなた
こんなこねことくらしたい!
RECOMMEND
flair(DVD付)
flair(DVD付) (JUGEMレビュー »)
the Indigo, 田岡美樹, 市川裕一
あ…写真ナイ。。
BGMに、ゆるりとした時間に…気持ちよさナンバーワン☆
これで6枚目のアルバムですがどれから聴いても間違いナシです!
<< 笑う大天使(ミカエル) | main | ゆるりらのーと と統合します! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
ハチミツとクローバー
リアル!!


ハチクロ



交錯する5人の片思い。
重ならないベクトル――交わらない2つの三角関係が、今、始まった…。
(公式HPより)



公式HPはこちら

いつもそうですが・・・
今回はばりばりネタバレです!
これから見る予定のある方、注意してくださいね☆
&、原作ファンとしていつもより熱入ってます(笑)



原作の設定とエッセンスを盛り込んだオリジナルストーリー。
切なくて、その気持ちだけでいっぱいいっぱいになっちゃう、
恋してる気持ちがそこここにちりばめられていて。
エピソードや登場人物がより現実的で共感できました。
実写として、なんか映像に手を加えて作りを入れたり(あゆのファイターっぷりとか(笑))するんじゃなく、
実際にありそうな話としてうまく作り上げていたんじゃないかなと思います。
2時間でひとつの話という、映画としてのあるべき時間の流れとは
ちょっと離れていたかもしれないけど、
私はこっちのハチクロもぜんぜんあり!!だと思います!



はぐちゃんは原作だとほんとに「ころぼっくる」で、
(特に初期の頃は。)
妖精みたいな、人間ばなれしているような、
どうして竹本君が好きになったのか、よくよく話と向き合ってみないと
その気持ちには共感できなかったんです。


でも映画でははぐちゃん(蒼井優)がほんとにいそうな現実感ある、でもふわふわ感はそのままの女の子になっていて。
竹本くんや森田さんが夢中になってしまう気持ちがよくわかった!



ってゆーか竹本くん…青春ばんざーーい!!

朝はぐちゃんに声をかけるシーン、
お昼休み、学食で会うシーン、
自転車駆って森田さんのところに走るシーン…

あまずっぱいよぅ。きゅんきゅんですよ。

こんなやさしい竹本くんに、きっとかわいい彼女が出来ますように。

たぶんこういう人は今はもててない(特に芸大だから(←冒頭のシーン痛っ!(笑))けど、
社会人になって、腕に力も付いて、
もーちょっと見かけ的にもオトナの男の人になったらすっごいもてると思うなぁ!
がんばれ竹本!あともー少しの辛抱だっ☆



真山は・・・情けなかったですねぇ(笑)
はぐと森田さんと竹本くんに重点置いた分、
真山とあゆは軽めにしたんでしょうね。

それにしたって・・・
真山、、、情けなかったですねぇf(^n^;
いくら原作とは別もんだとしても
ちょっとかわいそうなくらいキャラが違ってた(笑)
一緒に行った真山ファンはショック受けてました(^〜^;)
これなら映画版2はないなぁ、きっと。
だってこのまま行ったらつまらな過ぎるもん。
真山の男性っぽさって重要なキーじゃないですか!
そういや藤原兄弟を別のネタで使っちゃったから、
藤原デザイン事務所も作れないしね?
完全オリジナルストーリーで突き進むか??



そ、し、て。
森田さんはもーーー、、、かっこよすぎた!!
伊勢谷友介ってこんなにかっこよかったっけ???
いつもの演技のわざとらしさもなかったし。
見かけも、行動も、しゃべり方も、やっばいです、めちゃ好み!!!
森田さん出てこないかなー出てこないかなーとずっと思ってた。
でも付き合えといわれたらノーです(笑)そういうんじゃないの。
ってゆーか私の恋愛観なんかどうでもいーし!f(^e^)
とにかく、うまいこと現実世界バージョンに森田さんを変換させたなーというのが私の感想。



はぐと森田さんのキャラがリアルになったことで
二人にだけ通じ合う気持ちも、それを見ている竹本くんの気持ちも
びしばし実感伴って突き刺さってきました。
またDVD出たらゆっくり見てみたいなぁ。
ハチクロだけにありえないけど、小劇場とかで静かに見てみたい感もあり。
とにかく見てよかった!

 
| 邦画 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト

| - | 21:50 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://prairie-sa.jugem.jp/trackback/80
トラックバック
嵐 - アオゾラペダル
アオゾラペダル」は、7月22日から全国で公開される2006年夏最大の注目邦画『ハチミツとクローバー』(主演: 櫻井翔)のエンディング・テーマ!! 作詞・作曲は原作コミックスファンも納得のスガシカオ氏によるもので、スクリーンに映ったまぶしく切ない青春を彩る、この夏を
| 嵐 - アオゾラペダル | 2006/07/31 10:40 PM |